« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007年5月

2007年5月23日

父退院

今日、無事、父が退院して参りました。
皆さんからのたくさんのお見舞いのお言葉
本当にありがとうございました!


早く出たいばっかりの父なので、朝一番で
迎えに行き、そのまま浜木綿へ。
病院食で参っていた父、ランチセットにラーメンと
うまいうまいと食べまくりです。
せっかく減った体重がすぐ元通りだね、きっと。


まぁでも、美味しいと食べれるのが
一番いい事だと思うな、うんうん。


ところで、父を迎えに行く前
まず母を迎えに行きました。


母「さっき、喉詰まらせてさぁ」


って言うのだ。
何でも、飲み込むには少し大きいまま
物(ごはんだったかな)を飲み込んだらしいのだ。
そしたら詰まったそうな。


で、お茶で流し込もうとしたら
詰まってる上にお茶が溜まるだけで
流し込めなかったと。


早く胃に押し込みたいのに
ゆっくりゆっくりとしか落ちていかず
イタタタタ!ってなってたらしい・・・
ん~~~惜しい、「アタタタタ」だったら褒めてあげたのに。


で、頭では、餅を詰まらせたお爺さんが
掃除機で吸い取って助かった事件が
巡っていたらしく


「どうしよう、掃除機で・・・・・」


って、ちょっと本気で思っていたらしい。


良かった何事もなくて。
もし一歩間違ってたら
私が「おはよ~」って部屋に入ったら
掃除機のノズルを咥えたまま倒れてる母を見るとこだった。


それは勘弁してほしい。


だいたい、気道じゃなく、食道に詰まってるんだから
掃除機で吸い出す必要はないだろう。
掃除機を出し、コンセントに差し、スイッチを入れる前に
病院へ行こうよ。


母「そういうのも飲み込めないってのは
  やっぱり飲み込もうとする筋肉が弱ってるんだなぁ。
  歳をとったもんだ。」


何やらしみじみ言ってるけどさ
って言うか、母、その前にしっかり噛むように。
若くったって、大きな物は飲み込めないって。


父退院の日に、母入院にならなくて良かった良かった。


| | コメント (0)

2007年5月22日

ただいまです。

19日~20日と、琵琶湖オフ会に行ってきました。
早速、旅行記に取り掛かりたいとこですが
明日退院の父の方の準備で
今日も今から病院へ行ってきます。


退院したら、ゆっくりしっかりたくさん書いて
アップしたいと思いま~す!


琵琶湖参加の皆様、ありがとうございました!
と~っても楽しかったです!
大きな事故もなく、怪我もなく、2日間を過ごせたのは
皆様のお陰だと思います。


大きな事件はありましたが・・・・
ねぇ、ヒロママ?(爆)


証拠写真はしっかり撮ってありますので
どうぞ、楽しみにしてて下さい(うしし)


Oyazs


むっちゃ楽しそうな「おやじぃず」メンバーの二人です♪

| | コメント (8)

2007年5月15日

入院してから、ほぼ、1日おきに行ってまして
今日も母と一緒に行ってきました。
手術も終わって、さすがに直後は、麻酔のせいもあって動けず
大人しいもんだったんだけど、日々回復してきてるので
暇で暇で仕方がなく、たぶん先生に、まだかまだかと
退院を迫ってるんだろうな。


今日も病院へ向かう途中で、母の携帯に電話が・・
出てみると父でして、何でも、病院の駐車場が混んでて
停める所がないので、向かいの某有名大学の駐車場が
空いてるので、そこへ停めろ・・・・との事。


大学の駐車場??
あそこって、確か業者用の駐車場だよ?
そんなん無理じゃん。
っていうか、どっから見て電話してきてんの?


どうやら屋上から駐車場を見渡し
空き空きの大学駐車場を発見したんだと思われる。
いっくら暇だからって何してんだか・・・


行ってみると何の事はない、病院の駐車場は結構空いてて
難なく停めれた。
一体、父はどこを見て電話してきてるんだ???
訳わからん。


で、病室に行ってみると、父は不在。
まったくもーーーまだ屋上かいっ!
電話切ってから15分くらい経ってるのに!


でも・・・・・・・・

風の強い日だし、いつまでも屋上になんて居ないと思うよ~

談話室なんじゃない?(エレベーターに乗る)

いくら何でも居ないって(エレベーター降りる)

さすがにそこまで暇じゃないでしょ(屋上への階段登る)

・・・・・・・・・・・・・・居たよ。


私たちが後ろに居るとは気づかず
私たちが来るであろう方向を
手すりの上から一生懸命覗き込んで見ている父が居た。


しかも!
病院の寝巻きで、軽く前が合わさる程度の
膝下10センチ程度の長さの寝巻きなので
強風に煽られ、ファッサ~~~ファッサ~~~と
合わせも広がり、裾が翻って
思いっきりパンツ丸見えじゃん!!


向かいのビルの人だって見えてるって!
爺さんのパンツ丸見えはいかんだろ~
おいおいおい~~~


私「来たよ~~~」
父「あれ?!いつ来た?あれ~?」


あんなに、めっちゃ覗き込んでたのに、見落としたんかい。


父「どこに停めた?」
私「病院の駐車場」
父「満車だっただろう?」
私「いや、全然」
父「あれ~?満車だと思ったのになぁ」


と、駐車場の方を眺める父。
・・・・・・・・確かに、満車だ。
が、しかし、視野の真ん中にマンションがあるの気づいてないのか?
マンションで遮られて見えない部分は空いていたんだよ、父。
でもって、父が停めろと教えてくれた大学の駐車場は
やっぱり業者専用で「勝手に入ると罰金」と書いてあったから。


父「誰もおらんで分からんだろ」
私「居たよ。入り口にガードマンが」
父「あれ?そうか!居るのか!見えないでおらんと思った!」


そうだね、ここから(屋上)は見えないよね。
「建物の中」に居るガードマンは見えるはずないよね。
いわゆる守衛さんが居るんだよ、詰め所の中に・・・・・


父、親切はありがたいが
頼むから、大人しくしていてくれ。


いつまでもパンツ丸見えはキツいから談話室へ行った。
父「何か飲むか?何がいい?」
おいおい、なんでそんなウキウキなのかな。
まぁまぁ、いいから、自分で買うから(自販機)座ってくれ、動くな!


そこでちょっと話をしていると、病院の人が
窓際の人が退院したので、そっちに変わる?と聞きにきてくれた。
病室へ戻っていろいろ移動させ、終わると、壁側から窓側になったので
明るく、開放感がいっぱいになり、ますます父はウキウキに。
そしたら・・・・・・


「さ、何か美味しいものでも食事してって下さい♪」


はっ?
なに?
それは帰れと言ってる?
「帰れ」と言う単語は含まれてないものの
明るく、楽しそうに帰れと言ってるよね。


あ~あ、もう~分かった、帰るよ。


結局、着いて30分?かな?
帰されたのでありました。


以上、母に続き、父もやらかしてくれるお方なのでありました。

| | コメント (8)

2007年5月10日

読書の春

Img_1281


どんどん増えてしまう本。
またまた、いくつか買ってしまった。
これは、最近買った本の中の一部です。


一番左は、娘が買った本。
はっきり言って、娘の選んだ本が
一番面白かった。


読み始めると、どんどん他のが読みたくなりますよね~
こうして、日々、本屋のハシゴが続くのであった。


読み終わったから退屈している父に
持って行ってあげよう。

| | コメント (0)

2007年5月 9日

3年目

Img_1285


今年も着ます。
習字の墨がついても
ヨレヨレしてきていても
まだまだ着ます。


しかも1日おきに・・・・・


気に入った服は、本当は毎日着たいのです。
お気に入りのパンツ(下着)も
続けて履こうとしやがりました。
風呂から出て、またこっそり履こうとしてる所を
私に見つかり阻止されたのです。


こいつ、絶対、しつこいタイプだな。
甘えんぼうで、しつこいって・・・
うっわ~~そんな男は嫌だよ。
パンツを2日履いても平気な男って
更にイタいです。


うう、今なら修正まだ間に合うかな?
頑張ろう。


今日で10歳。
まだ10歳。
もう10歳。

| | コメント (0)

2007年5月 8日

父入院

今日は朝から実家へ赴き
お昼過ぎ、父と母を乗せて、とある病院へ。
明日、手術だそうです。


手術と言っても、30分程度だそうで
その後、2週間ほどの入院予定。


どうせ暇過ぎるだろうからと
手持ちの本の一部を貸してあげた。
それでも暇ならDSでも持って行くか。


父を病室に残して、母と私は帰ることにした。
時間を見ると15時。
16時には子供達が帰ってくるから
母を送って自宅に戻るには、どう頑張っても
すぐに出ないといけない。


病院を出て駐車場に向かう途中で母が


「あ!上着忘れた!」


と言う。
ああ、確かに、さっき赤い上着を脱いで
父のベッドの上に置いてたな。
車に行ってるから、取っておいでよ・・と言って
車で待つことしばし・・・・
ちっとも戻ってこん!
何してんだよ~早くしておくれよ~


またしばらく待つことしばし。
とたとた、のんびり歩いて来なさるじゃないのっ!
少しは慌ててくれよ、母ーーー!!!


乗せて一路、実家へ。
ちょっと混んでたりもして、着いたら15時半。
よし、でも、家までなんとか間に合うぞ。


母を降ろして少し走ったら携帯が鳴った。
見ると母からだ・・・・・ハッ!!!
と後ろのシートを振り返って見たら、あるよ!まただよ!
母の赤い上着が・・・・・


一回忘れたなら手に持ってろよなーー!!


ちくしょーーー!


思わず叫びながらUターンして戻り
玄関のドアを開けて


「いい加減にしてくれっ」


って投げ込んで車に走り出す後ろから
ごめんごめん、あっはっはっは!
言いながら大笑いしてる笑い声が。


笑ってるよ、おいおい。
あっはっはっは、ぢゃねぇよっ!
全くさーーーー父の留守の2週間大丈夫か?


結局、そんなこんなで時間を取られ
子供の帰宅に間に合わず・・・
まぁね、家には入れるようにしておいたからヨシだけどさ。


良く言えばマイペース。
が、絶対、自己中なんだと思うな、うん。
父、早く退院してきてくれ。


明日も病院。
なので明日も、母の武勇伝が載るかもです。

| | コメント (4)

2007年5月 5日

アレルギー@マックス

1週間前にお風呂に入って、その後、耳掃除をしたけど
その時は綺麗だった。
で、昨日、ジンが異様にマックスの耳の辺りを
舐めてるので、見てみてびっくり。


丸く禿げて、しかも赤く腫れてるじゃん!
耳も真っ赤だし、ダレてるし。


なになに?!
なんでまたこんな急に、こんななってるの?


腫れている部分を触っても
しこりはないから、腫れてるだけなんだろうなと思いつつ
心配した旦那が、病院へ行こうと言うので
毎度おなじみの、犬山動物病院へと
GWの最中、特に予定もない我が家なので
行って診てもらってきた。


犬山動物病院、年中無休なんだな。


行ったら見てびっくり、入ってびっくり。
広~~い駐車場が、車でいっぱい。
広い待合室もあふれんばかり。
周りは犬だらけで大興奮マックス。
うるさいよ、全く・・・・・・


この日はGW中最高の混み具合で
なんと、3時間も待ったのだ!!
ああ、もう、シンジラレナイ。


3時間も暑い外で走ったり散歩したりしたのに
下がらないマックスのテンション。
それも、シンジラレナイ。


3時間後、呼ばれて診察室へ。


入ると可児先生がにこやかに招きいれてくれた。
お久しぶりです~。


嬉しい耳マックス、診察台に飛び乗って
伏せるはいいが、尻尾を振る激しさで
診察台がガタガタ揺れる揺れる。


早速、診察してもらったら・・・・・


耳はアレルギーが悪化しているとの事。
検査の結果、マラセチアは見つからなかったので
飲み薬と、点耳薬を貰ってきた。


狂犬病の注射も、2頭ともまだだったので
ついでに打ってもらった。


ぐったり疲れ切って帰宅したら
早速、堂々と、一番疲れましたって顔で寝るやつがいる!


Img_1278


お~~ま~~え~~は~何様じゃーーーー!!!

| | コメント (0)

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »