« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007年6月

2007年6月26日

ある日の出来事

梅雨です。
今日も朝から雨が降り、じめじめじめじめです。
すっかりご無沙汰してますが、皆さんお元気ですか?


先日、子供達が代休だったので、度が進んだKの
眼鏡レンズを変えに出かけて
ついでにお昼をおごってもらおうと、実家へ寄ったのです。
Dは趣味の釣り道具をイジってる爺ちゃんと別部屋へ。
私とKは「なるトモ」を見てました。
そしたら電話が鳴って、母が出た。


「はい、もしもし(よそ行きの声)」
「あ、なに、どうしたの(地声)」
地声に変わったので、弟だなと思い
私もテレビの音量を下げずに見ていたけど
平日の昼間、こんな時間に電話って・・・
仕事は?休みなんかな?
たくちゃん(弟)今から来るかもよ~


なんてKに呑気に話していたら
母の会話が険しくなってきて
「あんた、何をしたの?!今どこに居るの?会社?
ちょっと、はっきり喋りなさいっ!聞こえないよ!
どうしたの!言ってごらん!」


なんて言い出してるじゃないの。
こりゃ、雲行き怪しいぞ。


「それで、どうしたの?ええ?あんた何て事をしちゃったの~
そんな事を・・・・はぁ・・・・もう・・・・どうするの!どう責任取るの!!
会社だって辞めるどころか、逮捕されるよ!!
どうしてそんな事しちゃったの、もう・・・・」


逮捕?ええ?逮捕???
話が凄いことになってるので、Kを爺ちゃんとこへ行かせて
私は母と受話器を挟むように耳を近づけたら
くぐもった低い声で聞き取れない。
どうやら弟が、会社で何かやってしまったらしく
部長さんと電話を変わった。


「この度は、たく○がご迷惑をおかけしまして・・・何と言っていいのか
動転してしまってるもので、すみません。
それで、どうさせて貰ったらいいのでしょうか?
本人がはっきりしないもので、詳しくお話聞かせてもらえますか」


などと言っていた。
どうやら、この部長、経理部の部長らしく
弟が、経理にいる先輩に話を持ちかけられ
会社のお金で、どこぞへ投資し、監査が入った事で
それが発覚したというのだ。
弟の金額282万円。
1週間前にそれが分かったので返済を待っていて
先輩はもう返済済みだと言う。


部長曰く、今日の昼までにそれを返済してくれれば
何とか、穏便に事を済ませたいと言う。
なので、ネットバンキングに振り込んでくれと・・・・・


「ネット?ネットバンキング?あの、それはどういう?
振込み方がわからないし、それでは申し訳ないので
直接お詫びもしなければと思いますので、今から
その伺います。どちらまで伺えばいいのでしょう?」


と言うと、それでは監査に間に合わないので
振り込んでくれれば10分で済むから
そうしてくれと言ってるらしい。
で、ここで弟に電話が変わったみたいで


「あんたは、ほんとに、人として一番しちゃいけない事をしてるんだよ
分かってるの?何をしたか分かってるの?
ええ?お父さんに?内緒になんか出来るわけないでしょう
そんな大金を・・・・それを用意するのに内緒に出来るわけないでしょ!
○子ちゃん(弟嫁)は知ってるの?言ってないのか!!
1人で解決できる事じゃないでしょ!
なんでもっと早く言ってこないの。そんな事も分からない様になってるのか!」


と、母の説教が延々と続く。
するとどうやら「うるせー」と弟が言ったらしい。


「うるせー???うるせーって、あんた、今までお母さんに言った事ないでしょう!
どうしちゃったの、あんた大丈夫?なんかおかしいよ?
ちょっと、正気じゃないでしょう?自分の名前わかる?
誕生日は?自分の誕生日言ってごらん!」


と言うと、「そんな事言われるとほんとに辛くなる」だか
弟が言うらしく、結局、誕生日は言えなかったらしい。


そんなやり取りが続いて、一旦電話を切って
また掛かってくると言う。
こちらから掛けると言っても
今、監査が入ってるから、容疑者は電話が使えないのだそうだ。
なので、部長の携帯を借りて電話しているため
部長の電話に掛けなおすからと言っても、それも駄目だという。


結局、電話待ちと言うことになり
待ってる間に、父が弟の会社に電話。
経理の○○部長さんは居るか?と聞くと
そんな名前の人物は居ないという。


なるほど、これがオレオレ詐欺か!!!


あまりのリアルさに、鳥肌が立った!
よくもまぁ、そんな設定を思いつくもんだよ・・・


で、弟の携帯に電話するが、出ない。
なので、職場に直接電話をして呼び出してもらった。


少し待ったら弟の声がして
昼間のこんな時間に、会社に呼び出しの電話があったもんだから
弟にしてみれば絶対身内に何かあったんだ!と思い
母からの電話だと聞いてるだろうから
父が発作を起こしたんじゃないかと
慌てて電話に出たんだと思う。


弟「どうしたんだ!!!!」


なんて凄い勢いで言うもんだから
母、疑心暗鬼で絶句しちゃってて言葉が出ないのだ。


「も、も、もしもし?あんた・・・どこに居るの?」


開口一番、出た言葉がそれだった(爆)


弟「はぁっ??!!」


そうなるわな~・・・・・


そうこうしてたら、電話が鳴って
オレオレからの電話だった。


母が電話に出てる間に私が弟に事情説明をして
弟も大笑いだった。
で、母はまだ演技を続けていて


「それで、部長さんは?今からお母さん行くから!」
などと言いつつ、最後には
「今、息子と話してるんだけど、お宅どなた?」
と言ったら
「バーカ」
って捨てゼリフと共に切れたそうだ。


リアル、オレオレ初体験になった訳なんだけど
どっからそういう設定が出来るんだか
その頭を他で使えよってほんと思っちゃうわ~。


そして母の説教にも、今思えば笑う笑う。
そりゃオレオレも、「うるせー」って言いたくなるわな~。


普段言えない弟への説教を
ここぞとばかりに連ねてた気がするけど
詳細は弟には伏せておこうと思った(笑)


咄嗟に誕生日を聞く母の機転と
すぐに調べる父とで、事なきを得たけど
これはね~~例えば年に数回しか会わない息子とか
そんな状況に居る年老いた親御さんだったら
信じ込むのは分かる気がするなぁ。


我が子や、もしくは旦那が困ってるとなったら、どうしてでも
助けようとするもんね。


少し前に車を買い替えた時
お金を下ろすのに、キャッシュコーナーでは
日に50万づつしかおろせず
面倒くさいなーって思ったんだけど
いい対策だな、そうでなきゃいかん!と思いました。


それにしても、そもそも、母がどうして弟だと思ったんだ?
と思い、聞いてみたら「たく○だけど」って言ったらしい。
聞くところによると、今のオレオレって家族構成を
ある程度調べていて、名前を名乗って電話してくるらしいのだ。


皆さんもどうか気をつけてください。
「あ、これはオレオレだな」
と分かったら、日頃本人にいえない説教を
散々言ってウサ晴らしに使うのも手かなと思います。
言ったあと、実は本当にご主人本人だった場合は・・・


・・・・・・・・・ふぁいとぉ!


| | コメント (8)

2007年6月14日

講演会とはなんぞ?

先日、学校で講演会がありました。
某有名人の講演会。
私は欠席しましたけどね。
だから、講演会の内容は聞いてないんだけど
案内を見ると、今の子供達についてって事で
要は、子育てについてとか、いかに子供のストレスを失くすか
とか、そんな内容のようでした。


以前、1度だけ何とかって言うカウンセラーの講演会に
どんなものかと出てみたんだけど
当たり前の事を、延々、難しい言葉に置き換えて
喋ってるだけだったので、途中で帰ってきた事がある。


なので、今回も出なかったんだけど。


私だって子育てに自信があるわけじゃないです。
毎日がそりゃもう試行錯誤だし、てんやわんやだけど
そう大変ではないと思うのだ。


ストレスとか言うけど、それはストレスだよ・・・
と親が思っちゃうからいけないと思う。
とにかく、しっかり話を聞いてやる。
それだけ。親がするのはそれだけでいいと思う。
話すことで、子供なりに何で悩んでたかハッキリするし
どうすればいいか、自分で見つけるもんだ。


そこで、親が
「ああすればいいんじゃない?こうすればいいよ?」
なんて言っちゃうと、とたんに子供は依存しちゃって
自分で解決しようとしなくなって
親に言われた方法を実行してみて
駄目だった場合、親のせいにする。


学校ってのは、団体生活を学ぶために行くとこであって
大勢の中で、自分を見出す場所だと思う。
合わない子もいれば、腹立たしいと思う子も居るだろうけど
だから協調性って物が芽生えるんだし。
社会に出たらそんなもんじゃないですよね。


結局、私たちは、子供の目先の将来ではなくて
もっともっと先の将来を考え、少々の難関は
子供自身に超えさせてあげないと、と思うわけです。
超えれば超えた分、その子の自信に繋がるし。


Kにも昔、幼稚園の時に、行きたくないと泣き、ご飯も食べれなくなり
吐いてしまうほどの時があった。
原因は、年上の女の子で、Kが思い通りにならないと
嫌な事を言うし、閉じ込めて離してくれないって事だったのだ。
でも泣こうがわめこうが、どんなに吐こうが、行かせた。


それは、いわゆるイジメだったかもだけど
そんなのは、この先、いっくらでも起こることだし
自分で乗り越えない限り解決しない問題だと思うので
Kに負けてほしくなかったし。


5歳の子が、げーげー吐きながら、泣きながら
幼稚園に行くって言う光景は、親として
結構しんどかったのを覚えてます。
Kにとってもだけど、私にとっても1つの山だったなぁ。
今じゃ、そんなか弱い面影なんざ~全くないですが・・・


Dも同じような事があったので、誰もが通る道なんだろうな~と
思うけど、その時に、どっちの道を
選択するかは親としての大きな責任だと思う。
子供を庇って相手の親に文句を言いに行くか
先生と話合い、見守る中で乗り越えさせるか。


スパっと気持ちを切り替える事で
ストレスをストレスとしない、精神的な強さを
身に着けてほしい。
苦手な事を、嫌な事だと捉えず
楽しみを見出せる柔軟さを持って欲しい。
物事を決めつけて捉えずに
どんな話も、まずは聞いて、批判はせず
自分に合うか合わないかを
見極める視野の広さを身に着けてほしい。


それらを常に意識していれば
自然に子供は吸収してくれる。
その吸収力の高さを感じる事が子育ての楽しみだと
私は思うのであります。


めちゃくちゃ忙しい生活送ってるけど
それで疲れた~もう止めたい~と思うんじゃなくて
充実感、達成感を味わえばいいと思うのだ。
「ゆっくり休める環境を作ってあげてください」
などと講演会では言うけれど
「ゆっくり休める環境=気をつかいまくりの上げ膳据え膳」
と吐き違える人が多い気がする。
ほっといたって、疲れてりゃ寝るよ。


ゆっくり休める環境以前に
子供を庇護しすぎない環境を作るのが先だと
いっつも思うのでありました。
そして、ちゃんとした大人が周りにたくさん居ること。


つらつらと長く書き連ねましたけど
何がいいたいかと言うと
偉い先生ほど、当たり前のことしか言わなくなる。
と思うのでありました!


はてさて、KもDもどう育つかは
さっぱり判らん。
この先のほうが、山は大きいに決まってるし
分厚い壁もあるだろうし・・・・・
どう超えれるか、楽しみでもある。
ひーひー言いながら頑張ろう。
有難いことに、KとDの周りには
犬を通して知り合ったとはいえ
とてもいい方ばかりが、たくさん居る。
なんて幸せ事なんだろ~って、つくづく思う。


講演会に行くよりも、経験者の話を聞かせてもらう方が
私には遥かにタメになる。
皆様、どうぞ、その際はお力添えを宜しくお願いします(笑)

| | コメント (2)

2007年6月13日

母の心配

とうとう梅雨入りした東海地方。
朝から雨です。
なので、マックスは家から出たがらず・・・
ジンは出すと、ドブねずみのようになってしまうほど
遊びまくるので大変危険!
黒い体が更に黒く、光沢を増すほど
ドロパック状態に・・・・・
なので室内で大人しくして頂いております。


そんなわけで、犬達ネタが無いので・・


「母の心配」と題しまして
Kの生活を書いちゃおっかな~と。


中学生になって早4ヶ月。
彼女の今の楽しみは給食と部活と塾。
我が家は「何事も楽しんでやれ」がモットーなので
勉強も頑張っております。
元より成績の良かった彼女なので
先日の中間テストでは、200人中
学年2位でございました。


はっきり言って勉強好きです。
遊びも好きです。
食べるのも好きです。
旅行も好きだし、漫画も好きだし
本も映画も好きだし
イケメンも好きです。
嫌いな物のが少ないんじゃないかと・・・


そんなKだけど、母として悩みがありまして。
毎夜、1日の出来事を弾丸トークで勝手に喋ってるんだけど
出る名前、出る名前が男子ばっか!
男友達のが多いんだな。
女友達はいつもの2人だけだと思う・・・たぶん


そんな性格で大丈夫か?
彼氏でも作ってだな、そしたら少しは
女の子らしくなるだろうに・・・
浮いた話もないのか?好きな子いないのか?って聞いても


「はぁ?あったら喋ってるに決まってるし!」


う・・・・そうだよな、黙ってるわけないか。


そんな順調な中学生活を送っている彼女にも
春っぽい出来事がありまして。
梅雨なのに春って変だけど
そこはまぁ突っ込まずに。


先日、廊下で、男子2人に呼び止められたそうな。


男「おい、K!」
K「はぁ?」  ←「なぁに?」くらい言えばいいものを・・
男「これ、Aに頼まれたんだけど」
K「ああ?」  ←ぢゃなくて「ええ?」だろ!


どうやらラブレターを貰ったらしい!!!
ここで「うっひょ~~~~!」と舞い上がる私!
が、平然と話しを続けるK。


「6年生の時から好きでした・・・・中略・・・付き合って下さい」


ってな様な内容が書いてあったそうな。
で、差出人の名前を確認後
持ってきてくれた男子2名の目の前で


びりびりびりーーーーーー!!


私「はぁあああ??!!破った?!ええ?破った???」
K「うん、だって、しつこいんだもん。前に1回言われてるし
  またかと思って。それにさ、大体、人に頼むなっつうの。
  自分で持って来れねぇなんて情けねぇ。」


うぎゃ!しつこいとか言わないの!
そりゃ嫌なら嫌で仕方ないにしても
破く前に、なんで持ち帰って読ませてくれないんだよ~
それより、なんで、そんな男言葉なんだよぅ。


男「あ~あ、お前な~破くなて・・・」
K「あのさ、キャップ捨て1週間やったるで、ちょっと頼まれてくれん?」

注:キャップ捨てとは。
  牛乳のキャップを誰が捨てるか、毎日じゃんけんで負けた子が
  班全員分を回収して捨てる遊び。

男「へい!兄貴!なんでしょう!」
K「これ、Aに返しといて。」
男「ラジャー!敬礼」


男「兄貴!行ってきました!」
K「よし」
男「A、寂しそうに受け取りました」
K「よし」


ああ~~~なんて男前な娘なんだ~(号涙)
そしてなんて可愛気がない娘なんだ~~
確かに、自分の意見は、例え大人の中でも
はっきり言える子に・・・と育てたよ。
が、思いやりも同時に教えたつもりだったのに~


K[思いやり?Aに情けをかけたら付け上がる」


らしい。
前にはっきり言ったのに、また性懲りもなく
今度は手紙だとぅ?
って思ったらしい。


A君、ごめんよ。
Kなんか相手にせず、もっと優しい可愛い子がいいよ!
青春の思い出の1ページを、Kなんかで無駄にしちゃいけない!
頑張るんだA君!!


そんな母の嘆きを旦那に話したら
旦那「母親譲りの性格だな」って。


・・・・・・・・・・・なんだとぉ?!


| | コメント (6)

2007年6月12日

びっしり!

070613_083601


今月のカレンダーです。
来月もほぼこんな感じ。
1日にいくつも予定が重なってるので
忘れ防止に書き込んでるんだけど
なに、このビッシリ度!!!


今日も歯科の予約をしてあったのに
その時間に子供が帰ってこれないのが発覚。
来週に変更したり、3者懇談の予定だったり
朝も早くから挨拶運動とやらで
校門へ出向かねば・・・・・


そんな予定が書きなぐってあります。


子供が大きくなると、どんどん手が離れて
ますます楽になるかと思ったのに
全然だよ!!
はっきり言って、倍忙しくなってる気がする。
あと、自由が利かない!!


土日も、部活があったり塾があったり
久しぶりに無い日だから出かけようかと思えば


「テスト前だから駄目」


ってKに却下されるしさぁ~
つまらん。


はぁ~~~~つまらん。


| | コメント (2)

2007年6月 9日

冠水

深夜からの大雨と、日中も降り続く雨で
とうとう冠水。
マックスとジンが喜んで泳ぎだしそうだ!


070609_151801

しかし、凄い雨、雷。
こんな日は、首が重く痛いのだよなぁ。
昔、ムチウチをやったのです。
交通事故で、じゃありません、スキーでです。


梅雨に入ると、ますます憂鬱。
毎年のことだけど、既に滅入る。
頭痛も続くんだよね~~~とほほ。


って訳で、ずっと更新できてませんでした。
ぼちぼちの更新となりますが
宜しくお願いします。


早く、暑い暑い夏が来てほすぃ~~!

| | コメント (0)

2007年6月 7日

掃除機

騙し騙し使っていた掃除機が
とうとう、ほとんど吸わなくなってしまった。
吸うには吸うけど、パワーブラシが壊れてるので
懇親の力で抑えつけながらじゃないと
毛が取れない!


なので、やっと買いました。
我等がダイソン。


Photo


とーぶん、楽しい掃除が出来そうです。

| | コメント (0)

2007年6月 5日

おやつ

ちょっと前から食べてみたかったので
注文してみました。


Img_1471


京都、麩籐の水晶麩。
生麩の中に、わらび餅風の練餅が入ってます。
白生麩には、きなこと黒蜜をかけて。
よもぎ麩には、抹茶きなこと黒蜜で。


Img_1472


どっちも美味しゅうございました。

| | コメント (0)

2007年6月 2日

運動会

例年、秋に運動会があるんだけど
今年は、夏から校舎の増築工事が始まるので
早い運動会開催になった。


去年まではKとDの、2人の競技があったから
座ってる間もなく、あちこち移動しては
ベストポジションを探して
撮りまくっていたんだけど
今年はDだけ。


次の競技までの間が長いこと長いこと!!


始まってすぐ1個目の競技があって
次が3個置いて、全体競技。
全校生徒の競技でDだけ撮るなんて
まず、不可能!
なので撮影は却下。


となると、次の学年競技は・・・・
最後から2つ目じゃん。


それまで、ずっと待機ってこと?!
ああ、もう、本でも持ってくりゃ良かったかも。


子供達の盛り上がりとは別に
暇で暇で仕方のない運動会なのでありました。


D_1

来年は運動会無いから
そう思うと、あと1回しかないんだな~。


そうそう、今時の運動会って
騎馬戦とか、組み立て体操って無いのだ。
なぜって危ないから。
どちらも6年生の花形競技なのにねぇ。


でも今年、騎馬戦が復活していた!
そうだよ、そうそう!
そういう競技は、やっぱり残してほしいなと思いました。

| | コメント (0)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »