« マーチング大会 | トップページ | その後の話&文化祭 »

2007年9月18日

ちっ!

いきなり、下品な舌打ちタイトルですみません。
まぁ聞いて下さいまし、奥さん。


2日前から鼻水をたらしていたD。
鼻をかめだの、うがいをしろだの、薬を飲めだの
それら一切を「うんうん、分かった」との生返事で無視し
遊び倒し、で、昨夜になって、熱っぽいアピールを始めた。


あえて、私の視野に入るところで
ダルっっっっっっそう~~~~に
体温計で熱を計り始めるのだ。


ピピピと計測終了が鳴って、体温を確認するD。
その間、私は気づかないフリに徹する。
すると、小声で、でも聞こえるような大きさの声で
「おっかしぃな~」とか言っちゃって
首を何回もひねりながら
また計測開始。


ワザとらしっ!!
ふん!熱なんかあるわけがないわ!
熱が出始めるときは、どんなに平熱であっても
もう顔が違うからね。
これでも一応母親じゃーーー!ボケが!


再度、熱を計るも平熱。
それでも首ひねってるから思わずイラっとして
顔の真ん中が、鼻づまりでぼ~っとしてるから
熱っぽく感じるんじゃボケぇ~!早く寝ろ!


と強制的に寝かせた。


そしたら「明日、学校行けるかな」
などと言う、意味不明な、行けない原因があるかのような
発言をするではないか。


「はいはい、何があっても行けます、大丈夫です」
と言い放って寝た。


そして今朝。
またしても、目の前ではなく
私の視野に入る位置で、ダルっっっっっそうに
体温計測開始。


もうね、何回でも計るがいいわ。
一切、気づかないフリしてやる!


気づいて声をかけてほしいDは
その後5回ほど体温を計り
いい加減遅刻しそうになって、慌てて準備を始めた。


で、玄関で靴を履きながら、私に向かって
「今日、早退してくるかも」って。


はぁぁ???
早退宣言するやつがあるか??


私「熱もないのに早退なんか出来ません~」

D「わからんもん、出てくるかもしれんもん」

私「100歩譲って、もし出たとしてもだな、38度超えない限り
 絶対迎えに行かないからな!肝に銘じておけ!
 それに、今日出かけちゃうからね、電話しても居ないからね!」


D「分かったわ、行ってきます」


それから2時間後。


散歩ではぁはぁ言いながら帰宅して
家事を済ませ、身支度して
今、まさに出ようとしていたら
電話が鳴った。
バタバタしてて、朝の一件なんか忘れてて
出てみるとDの担任の先生だった!


一気に蘇る朝の風景、一語一句・・・・・


あのやろぉ~~~~!!!!!!


先生は
「2時間目を終えた所でダルいと言い出しまして
保健室で熱を計ったところ36度7分でして・・・・
熱こそないんですけど、顔色が良くなくて・・・」


先生を遮るように、平熱ですから
そのまま授業を受けさせて下さい。
と言ったら


「これから熱が高くなるかもしれないので
お迎えに来てもらいたいのですが」
と言う。


そうなんだよね、今の学校って、とにかく帰らすのだ。
万が一を考えてなのは分かるんだけど
親がいいと言うならいいのに。
うるさい親も居るから学校側としては
仕方ない対処なんだよねぇ。


すぐ迎えに行きますと伝えて、出かける予定だった先方に
断りの電話を入れた。


そして保健室を覗いてDの姿を見つけると
元気なさそうなフリをしてるものの
普通の顔じゃんかー!
思わず般若の如く睨みつけてると
奥から保険の先生が現れて


「まぁまぁお母さん、ほら、D君、お顔真っ赤だし
これはもう授業なんて受けれないよね?
今からお熱の出てくる顔だわ、ね?」


うんうん、頷くD。
何が「うんうん」じゃーーー!このやろぉ~!
先生の優しい言葉で、ますます具合悪そうな
心細そうな、もっと同情して下さい的な表情を作りやがる!


先生にお礼を言って、保健室を後にした。


Dの早退を知った婆ちゃんが
Dの好きなチキンをモスを持って
「見舞い」にやってきてくれた。


またまた2時間後。


相変わらず熱は平熱。
病気で早退したんだからと
ゲーム禁止を申し渡した私に
少しよくなってきたアピールをするD。


ぜってぇーーーーー許さんっ!!!


|

« マーチング大会 | トップページ | その後の話&文化祭 »

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« マーチング大会 | トップページ | その後の話&文化祭 »