« 遊んでんじゃねぇーー! | トップページ | 厄日?! »

2008年2月 6日

盲導犬

盲導犬が主人を庇って事故に会う。


記事


サフィーは即死だったそうです。


当初、協会が運送会社と示談を進めたが
運送会社側が「盲導犬の補償をするという話は聞いたことがない」
と主張し、まとまらなかったため、先月提訴に踏み切った。
(毎日新聞より抜粋)


との事。


聞いたことが無いだとぅ?


盲導犬サーブをご存知の方も多いかと思いますが
サーブが遺した功績は
主人を庇い、守ったことだけではなく
盲導犬は主人の体の一部だと言うことを
世界中に広めたわけです。


サーブと主人の絆が、国を動かし
盲導犬にも自賠責が支払われることになりました。


目の見えない主人を守ろうと
車の前に飛び出すんですよ?
きっと考える間もなく
咄嗟に体が動いたんだろうなぁ。


ラブラドールは大型犬だけど
でもトラックの前ではとても小さい。
その小さな体でサフィーは立ちはだかったそうじゃないですか・・・


自分が出来るか?と言ったら
わからない。
いざと言う時こそ、動けないもんだ。
どうしても、恐怖と躊躇で身がすくむ。


人間がそんななのに比べ
サフィーは立派だと思う。


身を挺して庇い、守り
きっと、ご主人の無事を
天国で喜んでるに違いないと思う。


盲導犬、介助犬、聴導犬・・


人のために尽くしてくれる犬達を
人が救わずして、助けずして、どうする。


例え法律が無くとも、誠意を見せるべきだろう。
運送会社も、運転手もまた
サフィーのお陰で、救われた事に
気付いてほしい。


サフィーに関わる全ての人の
想いが届いた裁判の結果となる事を
心から祈ります。

|

« 遊んでんじゃねぇーー! | トップページ | 厄日?! »

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208080/40015751

この記事へのトラックバック一覧です: 盲導犬:

« 遊んでんじゃねぇーー! | トップページ | 厄日?! »